ここから本文です

<北朝鮮住民が証言>当局が水害支援金を強要 核実験では揺れで被害発生か 「核・ミサイルに大金使うなら配給出せ」と批判も (写真3枚)

アジアプレス・ネットワーク 9/19(月) 5:10配信

北朝鮮政府は、立て続けに行った核、ミサイル実験を「成功」として祝う集会や講演を連日開き、金正恩氏が指導した「業績」と宣伝し、愛国心の発揚に結び付けようとしている。一方で、先月末に北東部で発生した水害に対し、住民に復旧資金を出すよう求めている。9月中旬、北朝鮮北部の国境地域に住む住民に、最新の国内の動向についてインタビューした。(カン・ジウォン/ペク・チャンリョン)

【関連写真を見る】 溢れる豆満江 中国側に救助された北朝鮮住民、政府の無策に不満の声など写真3枚


◆核実験でガラス割れ、壁にひび 金正恩氏の「業績」宣伝は冷淡
記者:9日の核実験の時には揺れを感じましたか?
住民:私たちの家から1キロほど離れた所にあるアパートでは、複数の棟にひびが入り、窓ガラスが割れた家もありました。列車が通過する時のような揺れがあったそうです。市場でも揺れたという人、感じなかったという人がいました。私の家は平屋だからか、揺れは感じませんでした。

記者:今回の核実験や潜水艦発射ミサイルについては、どのように宣伝していますか?
住民:(金正恩氏の)偉大な指導だと宣伝していますね。将軍様(金正恩氏)が武器を開発したんだという内容の講演会も度々やっています。核実験については、「我われが核を持っている限り、敵は襲って来ることはない」と宣伝しています。まあ、核があろうがなかろうが、私たちには何の関係もないんですが…。

※朝鮮中央通信は8月25日付けで「金正恩元帥が、監視所で水中発射計画を調べ、試射を断行することに関する命令を下達するや否や、潜水艦は海中の弾道ミサイル発射深度まで沈下し、迅速に弾道ミサイルを発射した」と伝えている。

◆核兵器で地球粉々にできると宣伝

記者:核兵器については、どのように認識していますか?
住民:ここでは、我われの核兵器は地球も粉々にできると宣伝しています。金正日将軍が言った「朝鮮がない地球はありえない」という言葉を講演会で紹介しています。

記者:核兵器で地球を粉々にできるんですか?
住民:私は知りませんよ。ミサイル発射は、写真を見せられるからまだ分かりますが、核実験が何かわかりますか? 「成功した、強力だ」と(当局が)言っているから、そんなものかと。私たち人民は食べて生きいくのが大変なので(関心がなく)、撃ちたいなら勝手にすればいいと思う程度。だけど、核やらミサイルの実験をやたらとやって莫大なお金を使うので、「そんな金があるなら配給を出すべきだ」と言う人たちもいます。


◆水害復旧支援に50中国元
記者:今回の咸鏡北道の水害について知っていますか?
住民:私の住む地域は、被害がありませんでした。豆満江の方で人がたくさん死んだそうです。中国側にも死体が流れ着いて、それを引き上げて(北朝鮮側に)送ってくれていると聞きました。まだ見つからない死体も多く、家まで流されたそうです。大雨が降ると、人が死んで家が流されるのは毎年のことですよ。

記者:咸鏡北道の水害被害を支援するような指示はありますか?
住民:強圧的に出せと言われています。地区によって異なりますが、私たち所では、「金額については自発的に決めよ」と当局は言っていますが、実際のところ、一世帯当たり中国の金で50元は出さなければなりません。幹部や金持ちには大した額ではありませんが、私たち庶民には辛いです。 50元は、白米を10キロ以上買える額ですから。お金があれば支援はしたいですが、強制的に出させられてしんどいです。(続く)

※アジアプレスは、中国の携帯電話を北朝鮮国内に搬入して連絡を取っている。

←9月18日付け労働新聞に掲載された「軍民一体となって復旧作業に余念がない」と説明された宣伝写真。

最終更新:9/19(月) 8:45

アジアプレス・ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。