ここから本文です

【MLB】青木宣親、2試合連続マルチ安打で勝利に貢献 9月打率は.400と絶好調

Full-Count 9月19日(月)8時27分配信

勝利に大きく貢献、PO進出争いを繰り広げるチームの中で存在感

 マリナーズの青木宣親外野手が18日(日本時間19日)、本拠地でのアストロズ戦に「1番・左翼」で先発出場し、4打数2安打1打点1得点の活躍で7-3での勝利に貢献した。2試合連続のマルチ安打で、打率.277まで上昇。熾烈なプレーオフ進出争いの中、地元メディアで来季残留の可能性も報じられているリードオフマンが好調を維持している。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 青木は初回は一ゴロに倒れたものの、マリナーズは2点を先制。青木は2回の第2打席も2死二塁の好機で中直に倒れたが、4回の第3打席で快音を響かせる。

 3-1と2点リードで迎えた1死一、二塁のチャンス。相手先発フィスターからセンター右に大飛球を運んだ。中堅手が飛び込むが届かず、打球はワンバウンドでスタンドへ。タイムリーツーベースで貴重な追加点を生み出した。

 青木は続くスミスの3ランで生還。マリナーズはこの回4得点で大きくリードを広げた。青木は6回にも1死走者なしで遊撃内野安打を放ち、3安打を放った前日から2試合連続のマルチ安打。勝利に貢献した。

 今季は打席不振で初のマイナー落ちも経験するなど苦しんだが、9月は35打数14安打の打率.400と絶好調。プレーオフ進出争いを繰り広げるチームの中で存在感を見せ、来季残留の可能性についても報じられている。ワイルドカード圏内までは2ゲーム差。青木がプレーオフ進出へのキーマンとなりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月19日(月)8時47分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]