ここから本文です

マインツ武藤が早くもシーズン2点目をゲット! 宇佐美との日本人対決は実現せず

theWORLD(ザ・ワールド) 9月19日(月)0時59分配信

開幕戦に続きネットを揺らす

ブンデスリーガ第3節が18日に開催され、アウクスブルクとマインツが対戦した。

アウクスブルクに所属するMF宇佐美貴史、マインツに所属するFW武藤嘉紀ともにベンチスタートとなった一戦だが、マインツは前半のうちに先制に成功すると、67分から武藤を投入。その後、両者ともに1点ずつを加えて1-2とマインツの1点リードで迎えた81分には、その武藤に得点が生まれる。マインツは右サイドを崩すと、ゴール前にクロスボールを供給。一度は相手選手に阻まれるも、こぼれ球にいち早く反応した武藤が流し込んだ。

武藤は開幕戦のゴールに続き、今季2試合目の出場で2点目を記録。チームもシーズン初勝利を挙げ、9位まで浮上した。対するアウクスブルクの宇佐美はベンチでタイムアップの笛を迎えている。

[メンバー]
アウクスブルク:ヒッツ、フェルハーフ、ハウウェレーウ、ヒンテレッガー、スタフィリディス、コール(→カチャル 90)、バイア―、ボバディジャ、ク・ジャチョル(→シュミット 59)、チ・ドンウォン(→アルトゥントップ 81)、フィンボガソン

マインツ:レッスル、ドナーティ、バログン、ベル、ブロジンスキ、フライ、グバミン(→ホセ・ロドリゲス 85)、エズトゥナリ、マリ、オニシウォ(→デ・ブラシス 76)、コルドバ(→武藤嘉紀 67)

[スコア]
アウクスブルク 1-3 マインツ

[得点者]
アウクスブルク:スタフィリディス(73)
マインツ:コルドバ(7)、マリ(75)、武藤嘉紀(81)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月19日(月)0時59分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。