ここから本文です

月9「好きな人がいること」桐谷美玲、山崎賢人、三浦翔平、野村周平が撮影終了を迎える

E-TALENTBANK 9月19日(月)12時0分配信

先日、今夜21時最終回を迎えるフジテレビ系月9ドラマ『好きな人がいること』がついにオールアップを迎えた。

オールアップの前夜、まずは一足お先に、夏向役の山崎賢人がクランクアップ。この夏、たくさんのシーンを一緒に作ってきた主演の桐谷美玲に見守られ、そして撮影がないにも関わらず弟のためにわざわざかけつけてくれた千秋こと三浦翔平から花束を受け取った山崎は「この夏、本当に“楽しい”につきました! なによりも、このスタッフ、キャストの皆さんと出会えたことが僕の財産となっています。最高の夏でした。ありがとうございました!」とコメント。最後に桐谷とがっつり握手をしてお別れしていた。

そして、その翌日、いよいよ桐谷、三浦、野村周平がクランクアップというタイミングで、やってきたのがクランクアップしたはずの山崎。出演はもうないので、急きょADに就任、スタッフとして三人の最後のシーンに参加する、というハプニングが発生した。思い出深い湘南のロケ地で、最後のカットに挑んだ4人。

ひと夏の終わりの寂しさをまといながらも、金井監督の大きな「OK!」の声で、ついにオールアップ。藤野プロデューサーから花束を受け取った野村周平は「色々なことがありましたが、この月9で色んな人と出会えて、本当に楽しい三ヶ月でした。ありがとうございました!」とコメント。山崎から花束を受け取った三浦は「クランクインが6月上旬、僕の28歳の1発目がこのスキコトで、本当に良かったです。最高の作品にめぐりあえて幸せでした」とコメント。そして、ラスト金井監督から花束を受け取った桐谷は、「思い返すと、波にのまれるところからクランクインし、本当に色んなことがあって、ブヨに刺されたり怪我をしたりもしましたが、本当に楽しかったです。皆さんのおかげで、ちょっとありえないくらい最高に楽しい夏でした。ありがとうございました」とコメントした。

最後にみんなで祝杯の乾杯をして、最終回の成功を祈り、本当に名残惜しいオールアップとなった。

『好きな人がいること』最終回は9月19日(月)21時から。恋に仕事に駆け抜けたヒロインの、甘くて切ないひと夏の物語もいよいよ終焉を迎える。

最終更新:9月19日(月)12時0分

E-TALENTBANK