ここから本文です

アルゼンチンがイギリスを倒して決勝進出 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月19日(月)13時29分配信

 デビスカップ・ワールドグループ準決勝「イギリス対アルゼンチン」(9月16~18日/スコットランド・グラスゴー/室内ハードコート)の3日目。最終シングルスでレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)が自分よりランキングの高いダニエル・エバンズ(イギリス)を4-6 6-3 6-2 6-4で破り、アルゼンチンが3勝目を挙げた。ディフェンディング・チャンピオンのイギリスは敗れ、アルゼンチンが2011年以来の決勝に進出した。

 この試合に先立ち、アンディ・マレー(イギリス)はギド・ペラ(アルゼンチン)を圧倒的なパフォーマンスをもって6-3 6-2 6-3で破り、勝負が最終シングルスまで持ち込まれるよう御膳立てをしていた。

日本が5連勝でウクライナを相手に完全勝利 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

 第3セットで筋肉を痛めたように見えていたマレーだが、グラスゴーの熱心なファンたちの前で、それでもペラをストレートで下した。

 マレーは前日の土曜日にも兄ジェイミーと組んだダブルスで、アルゼンチンのフアン マルティン・デル ポトロ/メイヤーを4セットの戦いの末に倒していた。

 初日に2つのシングルスで黒星を喫したイギリスだが、2勝2敗に追いつき、勝負の行方は最終シングルスの結果次第というところまでこぎつけたのである

「2勝2敗に追いついた。素晴らしいことだ」と、マレーは自らのシングルスの勝利のあとに言った。「僕らは数日前にはひどい苦境に陥っていたが、これはそこから僕らが望んだ最良の形だ」。

 デル ポトロが最後のシングルスを戦うことになっていたが、ここでアルゼンチン代表監督のダニエル・オルサニッチが驚きの采配を行い、デル ポトロの代わりにメイヤーを最終シングルスに出場させると発表した。

 元全米チャンピオンのデル ポトロが度重なる手首の故障のあとやっと復帰を果たし、今はまだその途上にいる脆い体をできればこれ以上危険にさらしたくないと思っていたためだろう、と推測されている。

 初日のシングルスで2勝を挙げたアルゼンチンは、デル ポトロがマレーを6-4 5-7 6-7(5) 6-3 6-4で、ペラがカイル・エドマンド(55位)を6-7(5) 6-4 6-3 6-2で破っていた。

「ダン(エバンズ)は倒すのが難しい相手。彼は(スタン・)ワウリンカを倒しかけた男であり、彼がそのレベルでプレーすれば勝つチャンスはある」とマレーは言っていた。さらにエバンズはメイヤーより59位ほどランキングが高い。

 しかしそれでも、53位のエバンズが114位のメイヤーに6-4 3-6 2-6 4-6で敗れたのである。

 初優勝を目指すアルゼンチンは、5度目のデビスカップ決勝に進んだ。イギリスを倒した今、彼らは有力な優勝候補であるように見えている。アルゼンチンは11月末に行われる決勝で、フランスを倒して勝ち上がったクロアチアと対戦することになる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: GLASGOW, SCOTLAND - SEPTEMBER 18: Leonardo Mayer of Argentina celebrates with his team-mates, Juan Martin del Potro, Guido Pella and Federico Delbonis, after winning his singles match against Dan Evans of Great Britain during day three of the Davis Cup semi final between Great Britain and Argentina at Emirates Arena on September 18, 2016 in Glasgow, Scotland. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:9月19日(月)13時29分

THE TENNIS DAILY