ここから本文です

水樹奈々、結婚話に母「イケメン、お願いします!」

TOKYO FM+ 9/19(月) 18:00配信

声優・歌手として活躍する水樹奈々が、パーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」。9月12日の放送では、ライブのバックダンサーと女子会トークを繰り広げました。女性たちだけの放送ということで、「水樹が結婚するとしたら、どんな人がいい?」という、かなり深い話題にも発展! 気になる水樹の答えは……?

9月22日(木・祝)に開催を控える、水樹の阪神甲子園球場での公演「NANA MIZUKI LIVE PARK 2016」。そこで、この日の「Mの世界」は、ライブのリハーサルスタジオへ出張! 水樹のバックダンサー・team YO-DAから、MIKAさん、YUMEKOさんをお迎えしてお送りしました。


【ダンスをはじめたきっかけは?】

この日の番組は、リスナーからの質問に答えるかたちで進行。バックダンサーが登場とあって、みなさんが気になっている「ダンスをはじめたきっかけ」について、MIKAさんとYUMEKOさんのお2人に答えてもらいました。

MIKA「幼稚園のときに、お遊戯会ですごくはりきる子どもで、(ステージの)『真ん中がいい!』みたいな……」

YUMEKO「今と変わんない(笑)」

水樹「今と一緒だね(笑)」

MIKA「それを幼稚園の先生がみかねて、うちの親に『この子にダンスとか、やらせたほうがいいと思いますよ』と言ってくれて、ママが探して近所のバレエ教室に入ったのがきっかけです」

一方、YUMEKOさんは4歳の頃に衝撃的なきっかけがあったそうで。

YUMEKO「もともと、ママが趣味でダンススタジオに行っていて。そこにキッズのクラスがあって『今日、ダンス観に行くよ』って言われて。よく小さい頃からミュージカルとかを観に行かせていただいていて、そのノリで『うん』って言ったら、レッスンをやっていて。静かに見ていたら、ママが『YUMEKO、来週あそこで踊ってるんだよ』って……」

YUMEKOさんのご両親の出会いもディスコということで、お2人ともダンスが好きだったそうです。なるほどの展開ですね!


【水樹、バックダンサーの結婚に一枚かむ】

番組リスナーからは、team YO-DAのリーダーであるMIKAさんの結婚について、「今年はどうですか?」という質問も届きました。

水樹「先ほどありましたが、MIKA!」

MIKA「おかげさまで」

水樹「ねー! 今年7月に結婚……本当に良かったね」

ちなみに、MIKAさんの結婚には、水樹がかなり関係していたそうで……。

MIKA「山梨出身の方なんですけど。コニファー(富士急ハイランド・コニファーフォレスト)で(奈々ちゃんがライブを)やったときに、私がFacebookとかに(そのことを)載せたら、『俺の地元だよ』みたいな……。初めてコメントが来て、それからやりとりがはじまったんです」

水樹「そんな! ちょっと、いつの間に!?」

YUMEKO「(笑)」

水樹「なになに!! 言ってよ~」

MIKA「奈々ちゃんに足向けて寝られないかなって(笑)」

その後、YUMEKOさんの馴れ初めを伺いつつ、話題は水樹の結婚に。

水樹「私がもし、今後結婚するとしたら、どんな人が合うと思う?」

MIKA「すごく仕事のできる……絶対に奈々ちゃんよりすごい人」

一同「(笑)」

水樹「もう、バリバリ?」

MIKA「バリバリ! で、奈々ちゃんが尊敬できていないと……」

水樹「わかる……とかいって(笑)。尊敬できる人がいいなってすごく思う。『絶対私には真似できない』とか『ここがすごい!』って思えないと、やっぱり……。なんかね、一緒にいても、お互い高めあっていく感じになれないから……」


【水樹の理想のタイプは、緑レンジャー!?】

そして、YUMEKOさんから水樹に、こんな質問も。

YUMEKO「奈々さんの理想のタイプを聞いてみたいです」

水樹「私の理想のタイプ? まず、味覚が合う人じゃないとダメ!(笑)」

MIKA「でも、大事」

水樹「ごはんを食べるのが大好きだから、もうそれは絶対で……」

YUMEKO「フェイスはどうですか?」

水樹「フェイスね……。この間、うちのおママがね、お盆に来ていて、そういう結婚の話になったわけ。『奈々ちゃん、バリバリ仕事ができる人がいいと思うわ』みたいな話をしていて……。で、フェイスは『イケメンでお願いします!』ってママに言われたの(笑)」

MIKA・YUMEKO「(笑)」

水樹「『女の子は男親に似るから、イケメン、お願いします!』って(笑)。小さい頃から、『この人がいい!』って気になる人が、みんなが『いい!』っていう人と、ちょっとずれたところにありまして」

YUMEKO「あれですよね、青レンジャー選んじゃうとか、そういう感じですよね」

水樹「青よりも、緑くらい(笑)。『なぞなぞが好き』っていう、そういうところにいっちゃうのよ。赤、青はもう超人気タイプじゃない」

YUMEKO「ダメなんですね」

水樹「そうじゃないところにいっちゃうのよ」

MIKA「緑……!」

水樹「緑とか、紫とか、そのへんにいっちゃう人だから。『赤! 赤よ!』っていうことを、つい最近言われたところだから」

YUMEKO「ママチェック、厳しそう!」


(TOKYO FMの番組「水樹奈々のMの世界」2016年9月12日放送より)

最終更新:9/19(月) 18:00

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]