ここから本文です

日本とメジャーで送り出し方に違い 引退試合に見られるリスペクトの形

Full-Count 9/19(月) 11:08配信

メジャーで増えている開幕前の引退表明、名プレーヤーには各地で“お土産”も

 日本では優勝争いやクライマックスシリーズ進出争いが繰り広げられる中、来季に向けた戦力を各球団が整備し始める頃だ。また、シーズン中に引退を表明し、チームに貢献してきた功労者には、引退試合が企画される。

 今季も千葉ロッテのサブロー外野手がすでに引退を発表しており、それに合わせて球団は引退特設ページを創設。9月25日の試合は、当初の予定ではマリンフェスタユニホームを着用する予定だった。しかし、これを急きょ変更し、サブローが22年間ともに戦ってきたピンストライプユニホームを着用して臨むことを決めた。さらに、来場者全員にサブロー応援ボードとMarines Magazine特別号を配布予定。SNSを活用した取り組みも予定されており、ハッシュタグ「#ありがとうサブロー」をつけて投稿したサブロー関連の画像が試合前にビッグビジョンで表示される。

 日本ではシーズン終盤に自らの限界を感じ、またはチームの方向性によって引退を余儀なくされる場合がある。一方、メジャーリーグで最近多くなっているのが、シーズン開幕前に引退を表明するケースだ。今シーズンはレッドソックス所属で”ビッグ・パピー”の愛称で親しまれているデビッド・オルティスがすでに引退を表明している。各地では最後の試合になるだろうとファンも歓迎ムードで、対戦チームもそれぞれユーモア溢れる“お土産”をプレゼントしている。

 ブルージェイズがカスタムで真っ赤なコートをプレゼントしたことも最近話題となった。これは冬の寒い気候で知られるトロントならではの地域色を含めた品と言えるだろう。個人的に印象に残っているのは、ヤンキースのマリアノ・リベラが引退を表明したシーズンにミネソタでの最後の遠征に訪れたときのことだ。ツインズは主力選手らの折れたバットで作った椅子をプレゼントした。カットボールを武器にこれまでいくつものバットをへし折ってきたリベラに適した、ツインズとしては自虐的でユーモア溢れる品だ。

1/2ページ

最終更新:9/19(月) 11:13

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。