ここから本文です

松浦・土谷棚田で火祭り 灯籠3000個 幻想的な光の帯

長崎新聞 9月19日(月)9時25分配信

 日本の棚田百選の一つ、長崎県松浦市福島町の土谷棚田で18日、火祭りがあり、3000個の灯籠が織りなす光の帯が、雨にぬれる棚田を幻想的に照らした。

 地元のまちおこしグループ「ふくしまおいどんが町づくり会」(本川浩二会長)が主催し、今年で11回目。時折強い雨が降り、日中のステージイベントは中止となったが、灯籠への点火は決行した。

 午後5時半、あぜに並べた灯籠に火がともると、海に向かって広がる棚田の輪郭が次第に浮かび上がり、約3000人の見物客や写真愛好家らを魅了した。

長崎新聞社

最終更新:9月19日(月)9時52分

長崎新聞