ここから本文です

職場からデータ入力という作業が無くなる日

ニュースイッチ 9/19(月) 10:21配信

日本IBM、支払伝票の入力など経理業務を自動化。

 日本IBMはサントリービジネスエキスパート(東京都港区)の経理業務に対し、新たに「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」と呼ぶ自動処理を適用した。これまで支払伝票の入力や承認、全件精査業務をビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)として請け負っており、新たにRPAを適用することで、入力作業の省力化や品質向上で大幅な業務効率化を目指す。これに伴い、新たにBPOサービスで5年間の契約を締結した。

 新たなBPOサービスは光学式文字読み取り装置(OCR)による自動認識や現行業務との連携を支援するIBMのロボティクスを適用する。1カ月当たり約5万件の支払伝票を手入力に代えて、自動処理を採用する。まずは主要な4種の伝票で従来比約20%の業務効率化を実現。今後は対象を広げ、同50%を超の効率化を目指す。

 サントリービジネスエキスパートはサントリーグループの各事業会社に共通する業務・機能を集約し効率化している。経理業務は日本IBMのBPOを活用してきたが、グローバル展開や経営スピードを上げるため、RPAによる自動化技術の採用を決めた。

<AIで手書きの文字を読み取り。精度は98%>

 一方、AI insideマーケティング(東京都新宿区、永田純一郎社長)は、人工知能(AI)を使って手書きの文字を読み取るシステム「AI inside(インサイド)」の用途と販路を拡大する。形式が決まっていない名刺や領収書、注文書に対応するほか、2次代理店網を構築してユーザーを開拓する。2020年12月期に売上高100億円を目指す。

 AIインサイドは画像認識技術を持つAI inside(東京都渋谷区)が開発した。光学式文字読み取り装置(OCR)とAIを組み合わせ、アンケート用紙や伝票など入力項目が決まった書類に書かれた手書きの日本語の文字を98%の精度で読み取る。

 ユーザー企業は、手書きの文書をパソコンに取り込みクラウドコンピューティングを通じてサーバーに送る。すると翌朝にエクセルファイルでデジタル化したデータが戻ってくる仕組み。価格は1書式当たりの初期投資が30万円、月使用料が3万円から。AIマーケがシステムの代理店となり用途開発や販売を担っている。

 今秋をめどに名刺や注文書、請求書など取引先ごとにバラバラな大きさや体裁の文書の手書き文字を読み取れるようにする。総務や会計業務の効率化に貢献できる。自治体ごとに違う住民票の読み取りにも対応する。

 画像認識技術を生かし、監視カメラ画像の異常認識など別用途への展開も狙う。代理店は、コンサルティング、システム系、ビジネス受託といった企業を対象に2次代理店を広げて全国をカバーできるようにしていく。

最終更新:9/19(月) 10:21

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。