ここから本文です

プリズン・タトゥーをバッグに、メキシコ刑務所の取り組み

AFPBB News 9/19(月) 11:19配信

(c)AFPBB News

【9月19日 AFP】メキシコ・イダルゴ(Hidalgo)州のトゥランシンゴ(Tulancingo)刑務所で、受刑者らがバッグなどをデザイン、制作する社会復帰プロジェクト「プリズン・アート(Prison Art)」が行われている。完成品は首都メキシコ市(Mexico City)などの高級店で販売される。

 受刑者らはペンや針、小さなモーターなどで作った手製のタトゥーを入れる装置を使って図柄を描く。

 このプロジェクトへの参加要件は薬物を絶っていること、薬物依存症の治療プログラムに参加すること、賃金の半分を親族に仕送りすること、の3つで、同刑務所から18人が参加している。「プリズン・アート」の参加者たちは1か月に最大400ドル(約4万1000円)を稼ぐことができる上に、釈放後にハンドバッグ制作の職に就くことにつながる社会復帰プログラムに参加することもできる。(c)AFPBB News

最終更新:9/19(月) 11:19

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。