ここから本文です

ドイツが3勝2敗でワールドグループ残留 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月19日(月)18時0分配信

 ドイツ・ベルリンのクレーコートで行われたデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「ドイツ対ポーランド」で、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)が19歳のフーベルト・フルカッチュ(ポーランド)を7-6(4) 6-4 6-1で下してドイツが3勝2敗としてワールドグループ残留を決めた。

日本が5連勝でウクライナを相手に完全勝利 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

 ストルフはフルカッチュを倒すのに2時間強しか必要としなかった。

 この試合に先立ち、20歳のカミル・マイフシャク(ポーランド)がフロリアン・マイヤー(ドイツ)を6-2 4-6 6-2 6-3で破り、一時0勝2敗と窮地に立たされていたポーランドが2勝2敗に追いついていた。

 ドイツのストルフとマイヤーは金曜日にそれぞれシングルスに勝ったが、ポーランドのダブルス・ぺア、ルーカシュ・クボト/マルチン・マトコウスキが、ドイツのダニエル・ブランズ/ダニエル・マズアを倒してポーランドの望みをつないでいた。

 このプレーオフの結果、3月のデ杯ワールドグループ1回戦でチェコに敗れていたドイツは2017年度の16チームによるワールドグループ残留が決まり、一方のポーランドは、ヨーロッパ/アフリカゾーン・グループ1に戻ることになった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: BERLIN, GERMANY - SEPTEMBER 18: Jan-Lennard Struff, Florian Mayer, Daniel Brand, Daniel Masur and team captain Michael Kohlmann of Germany celebrate winning the 5th rubber match between Jan-Lennard Struff of Germany and Hubert Hurkacz of Poland of the Davis Cup Playoff between Germany and Poland at Steffi Graf Stadium on September 18, 2016 in Berlin, Germany. (Photo by Adam Pretty/Bongarts/Getty Images)

最終更新:9月19日(月)18時0分

THE TENNIS DAILY