ここから本文です

ロシアがワールドグループ復帰へ [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月19日(月)19時0分配信

 ロシア・モスクワのハードコートで行われたデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「ロシア対カザフスタン」は、ロシアがカザフスタンを3勝1敗で倒して2012年以来のワールドグループ復帰を決めた。

 両国の対戦は初日の悪天候が響き、日曜日の予定が立て込んだ。まずは(中断試合から始まり)ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)がエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)を6-7(7) 6-2 4-6 6-2 6-2で倒して1勝1敗。その後、ダブルスでロシアが勝って2勝1敗とし、アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)がククシュキンを6-1 6-2 6-2で下してロシアが3勝1敗で勝利を確定させた。

 ロシアは2002年、2006年にマラト・サフィン、エフゲニー・カフェルニコフらのスター選手の存在があり優勝を経験しているが、近年の男子では苦労が続いている。サフィン、カフェルニコフはどちらも世界1位になったが、現在もっともランキングが高いロシア人男子選手は47位のクズネツォフだ。(C)AP

日本が5連勝でウクライナを相手に完全勝利 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 2: Andrey Kuznetsov of Russia in action in his Men's Singles match against Rafael Nadal of Spain during the 2016 US Open at the Arthur Ashe stadium on September 2, 2016 in New York, United States. (Photo by Volkan Furuncu/Anadolu Agency/Getty Images)

最終更新:9月19日(月)19時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。