ここから本文です

チェルシー、マンUよりも圧倒的に強い? ハーグリーブス氏「マンCが1番良いけど、2番はリヴァプールだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/19(月) 11:20配信

解説陣も絶賛

今季のプレミアリーグではマンチェスターの両クラブ、そこにチェルシー、アーセナル、トッテナムがトップ4争いに絡んでくると思われたが、想像以上に良い戦いを見せているのがユルゲン・クロップ率いるリヴァプールだ。

開幕戦では昨季2位のアーセナルを4-3で撃破し、その後も昨季王者のレスター・シティからも4得点奪って快勝。そして今節にはチェルシーにもアウェイで2-1の勝利を収めている。バーンリーに敗れるなど相変わらずな部分もあるが、調子の良い時のリヴァプールは手がつけられない。

英『METRO』によると、元マンチェスター・ユナイテッドMFオーウェン・ハーグリーブス氏もリヴァプールがとんでもないチームだと感じているようで、「今季ここまで僕が見た中では、リヴァプールが2番目に良いチームだ。1番はマンチェスター・シティだけど、リヴァプールは2番目に良いよ」とコメント。

元リヴァプールのスティーブ・マクマナマン氏も、「シーズンの序盤で判断するなら、リヴァプールはトッテナム、チェルシー、マンUよりも強い」と称賛。クロップらしい激しいプレスに加え、パスワークもチーム全員で意思が共有されているように感じられる。誰をスタメンに選ぶか迷うほど前線に優秀な選手が揃っていることも大きなポイントだ。

今のフットボールを継続できればトップ4入りも不可能なミッションではないはずだが、マンCを追いかけるのは意外にもリヴァプールなのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/19(月) 11:20

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]