ここから本文です

DeNAが初のCS進出、阪神甲子園G戦初勝利、SBと日ハムはゲーム差なし…19日のプロ野球

Full-Count 9月19日(月)22時52分配信

DeNAロペス場外弾、阪神高山13度目猛打賞、楽天茂木が今季2度目ランニング弾

 プロ野球は19日、各地で5試合が行われた。セ・リーグでは、DeNAが本拠地で広島に3-1で勝利し、球団史上初のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。初回にロペスのレフト場外へと運ぶ特大の2ランで先制。来日4年目で初の30号到達となった。1点差となった6回には筒香がライトへのタイムリーで追加点。投げては今永が7回途中1失点と好投すると、須田、三上、山崎康とつなぎ、逃げ切った。広島はプロ初先発の塹江が5回2失点と好投も、打線が援護できなかった。

タイトル争いの行方は…NPB各部門の個人成績一覧

 阪神は、巨人に今季11試合目にして本拠地・甲子園で初勝利(1勝9敗1分)。先発・岩貞が8回5安打1失点で8勝目を挙げた。打線は、初回に高山がバックスクリーンへの7号先制ソロを放つと、2回にもルーキー・板山の中前適時打、北條の中前2点適時打で追加点と“若虎”が躍動した。高山は3安打を放ち、2010年の巨人・長野に並んで新人2位タイとなるシーズン13回目の猛打賞。新人の最多猛打賞は1958年の巨人・長嶋が記録した14回となっている。巨人は先発・高木が5回4失点と乱調で、走塁でもミスを犯すなど散々だった。

 パ・リーグでは、首位ソフトバンクがオリックスと3-3で引き分けた。先発の中田が初回に3失点も、その後は粘りの投球。7回途中からは、森福、五十嵐、スアレスとつなぎ、延長12回には岩嵜が1死満塁の大ピンチを凌ぐなど、ブルペン陣がオリックスに得点を許さなかった。打線は4回と6回に1得点。9回2死から中村晃の適時打で追いつき、延長12回、4時間58分の熱戦でドローに持ち込んだ。オリックスは初回に中島の3ランで先制も追加点を奪えず、9回は回跨ぎの守護神・平野が同点打を浴びた。

 日本ハムはロッテに3-1で勝利し、今季6度目の同一カード3連勝。初回に先頭・西川の球団歴代2位タイの41試合連続出塁となる中前安打と二盗などで1死三塁とすると、大谷が左翼ファウルゾーンへ先制犠飛。4回は中島が中前2点打を放った。投げては先発の新人・加藤が6回1死まで無安打に抑えるなど6回1安打無失点で6勝目。9回は吉川が1失点を喫したものの、最後は谷元が締めた。首位のソフトバンクがオリックスと引き分けたため、首位浮上はならなかったが、ゲーム差なしで21日からの天王山へ挑む。

 西武は楽天に勝利。3回に相手先発・辛島を攻め、秋山のタイムリーで先制。さらに、中村、メヒアの連続押し出し四球、森の2点タイムリーで一挙5点を奪った。先発のドラ1ルーキー多和田は8回9安打2失点の力投で7勝目。9回は守護神・増田が締めた。楽天は辛島が誤算。打線は6回まで散発の3安打に抑えられ、7回には茂木の今季2本目のランニングホームランなどで2点を奪ったが、追いつくことはできなかった。

【セ・リーグ】
◇DeNA 3-1 広島(横浜)
勝 今永(4勝3敗)
敗 塹江(0勝1敗)
S 山崎康(2勝5敗32セーブ)
HR【D】ロペス30号【広】ルナ5号

◇阪神 4-1 巨人(甲子園)
勝 岩貞(8勝9敗)
敗 高木(5勝9敗)
S マテオ(1勝3敗18セーブ)
HR【神】高山7号【巨】村田21号

【パ・リーグ】
◇ソフトバンク 3-3 オリックス(ヤフオクドーム)
HR【オ】中島6号

◇日本ハム 3-1 ロッテ(札幌ドーム)
勝 加藤(6勝3敗)
敗 二木(7勝8敗)
S 谷元(3勝2敗1セーブ)

◇西武 5-2 楽天(西武プリンス)
勝 多和田(7勝5敗)
敗 辛島(3勝6敗)
S 増田(3勝5敗25セーブ)
HR【楽】茂木7号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月19日(月)22時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]