ここから本文です

田園風景に彩り 南足柄、秋の訪れを告げるスイフヨウ

カナロコ by 神奈川新聞 9/19(月) 12:03配信

 秋の訪れを告げるスイフヨウ(酔芙蓉)が、南足柄市千津島の農道で咲いている。時間により白からピンクに色を変える花が田園風景に彩りを添えている。

 市観光協会によると、ふくざわ公園脇の農道約1キロの両側に、スイフヨウ約700本とフヨウ約100本が植えられている。スイフヨウは花の色が朝の白色から、夕方には酒に酔ったように濃いピンクへと変わることから、その名が付いた。

 今年は夏の気温が高かったため、スイフヨウは例年より10日ほど早く、8月末には開花した。花の数は減ってくるものの、今月末まで楽しめるという。

 ふくざわ公園では、地元住民らでつくる千津島花紀行実行委員会が「酔芙蓉まつり」を開催し、地場産品や農作物などを販売している。日程は25日までの土日・祝日の午前10時~午後4時。

 問い合わせは、市観光協会電話0465(74)2111。

最終更新:9/19(月) 12:03

カナロコ by 神奈川新聞