ここから本文です

マクラーレン「ブラボー! アロンソが非の打ちどころのない走りで7位を獲得」/シンガポール日曜

オートスポーツweb 9月19日(月)5時1分配信

 2016年F1シンガポールGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは7位を獲得、ジェンソン・バトンはリタイアに終わった。

2016年第15戦シンガポールGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 バトンは、スタート直後のアクシデントでスピンしたニコ・ヒュルケンベルグは避けたものの、バルテリ・ボッタスのウイリアムズにフロントウイングが当たり、修理のため緊急ピットインが必要になる。コースに復帰した後も、ボディワークのダメージによりダウンフォースが低下。1周目のアクシデントでブレーキダクトに損傷を負ったことで、レース終盤にはブレーキの温度に懸念が生じ、チームは予防的措置でリタイアさせることを決めた。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 まず言いたいのは、今日はF1にとって良い一日だったということだ。

 シンガポールでドラマティックな照明の下、熾烈なレースが2時間にわたって繰り広げられた。トップ2台の差が0.5秒以下だったことから、我々を含め、レースを愛する者であればすでに承知している事実、つまりF1は今も最高のスポーツであり、これまでと変わらずエキサイティングであるということが改めて確認された。

 マクラーレン・ホンダの話題に移ろう。フェルナンドが高い競争力を見せ、強力な走りをして7位でフィニッシュした結果、我々は6ポイントを上げることができた。彼は素晴らしいスタートを決め、最初から最後まで印象的かつ一貫性のあるラップタイムを記録し続けた。その走りはあらゆる面で見事なものだった。

 ジェンソンもスタートはとてもよかったが、フロントウイングがバルテリのウイリアムズの一部と当たってしまったことで、そのスタートを生かすことができなかった。バルテリはニコのクラッシュを避けようとしているところだった。この事故は誰が悪いわけでもない。時にはレースにおいてそういう出来事から、連鎖反応が引き起こされることがある。特に1周目にはそういうケースが多い。ニコのアクシデントに巻き込まれないためにジェンソンにできたことは何もなかった。

 私から我がレースチームに対し、この場で「ブラボー」と賛辞を贈りたい。ガレージやピットウォール、ウォーキングの管制センターで働くスタッフたちが、今回のレースを非常に効率的に管理してくれた。素晴らしい仕事をしてくれたと思う。 

 ここシンガポールは暑かったが、次に向かうのはさらに気温が高い、マレーシアに位置するセパン・インターナショナル・サーキットだ。今日レースをしたマリーナベイとはサーキットの性格が全く異なっており、低速で狭いコーナーの連続ではなく、ワイドな流れるような高速コーナーを備えたコースだ。次も同様に入賞目指して戦っていく。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月19日(月)5時2分

オートスポーツweb