ここから本文です

アロンソ「5位まで上がったんだから、表彰台を期待するよね!」:マクラーレン・ホンダ シンガポール日曜

オートスポーツweb 9月19日(月)13時39分配信

 2016年F1シンガポールGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは7位だった。

2016年第15戦シンガポールGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=7位
 7位は今日の僕らに可能な最大限の結果だった。メルセデス2台、レッドブル2台、フェラーリ2台の後、つまり「その他のグループのトップ」の位置だ。今週末、僕らは速さで4番手に位置するチームとはいえなかったかもしれないが、いい戦略といいスタートでこの結果を持ち帰ることができた。

 スタートのことを話すと、僕はアウト側に行くことを選んだ。だからクラッシュの影響を受けずに済んだんだ。その時点ですでに6位に上がっていた。1コーナーに向けてブレーキングをものすごく遅らせて、ダニール(・クビアト)を抜き、キミ(・ライコネン)も抜けそうだった。すべてうまくいったよ。レースでは時に幸運の助けが必要だ。
  
 一時は表彰台フィニッシュを期待した。前で何かが起こればそうなる可能性もあると思ったんだ。でも実際には上位勢には何も起きなかった。

 スタートがすごくうまく決まって、1コーナーの時点で5番手だった。シンガポールでは他では起こらないようなことが起きることがあるから、一時は表彰台のことも考えたんだけどね。
  
 それでも全体的に見て、僕らは精いっぱいの仕事をしたと思う。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月19日(月)13時40分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]