ここから本文です

ハミルトン、ランク首位から陥落「ブレーキに苦しみ、優勝狙えなかった」:メルセデス シンガポール日曜

オートスポーツweb 9月19日(月)7時3分配信

 2016年F1シンガポールGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは3位だった。

2016年第15戦シンガポールGP 表彰台のニコ・ロズベルグ(メルセデス)

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=3位
 難しい一日、難しい週末だった。一時は表彰台すら逃すかもしれないと思った。でも幸いそうはならなかった。

 スタートはまずまずだった。順位を落とさなかったからよかった。前回のことを考えるとね。でもセーフティカーが戻った後、苦労し始めた。レースの間、ほとんどの時間、ブレーキの温度が危険なレベルに近づいていたので、冷やすためにペースを抑えながら走らなければならなかった。一度、ミスをしてワイドになってしまい、キミ(・ライコネン)に抜かれた。でも幸いマシンが軽くなってくると、温度を抑えることができるようになり、フレッシュタイヤを履いてプッシュできた。そしてピットストップを使ってキミを抜き返した。

 ペースと戦略には問題はなかった。すべてはブレーキだ。スタートの時点から、首位グループがどんどん遠ざかっていくのを見ているしかなかった。だから今日はよくても2位までしかいけなかっただろう。もしこれがシーズンの中で最悪の週末だというなら、受け入れられる。

 こういうことが起こると自分が試される。今は次のレースを楽しみにしている。次に挑戦できるチャンスをね。強力な週末を何度か送って、目指す位置に戻る必要がある。


(ポイントリーダーの座を失い、ニコ・ロズベルグに8点の遅れをとることになり心配かと聞かれ)確かに去年の今頃とは状況がかなり違うけれど、今年はいろいろありながらも、今も戦いに加わっている。まだ先は長い。これからも全力を尽くしていくよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月19日(月)7時3分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]