ここから本文です

フェルスタッペン「クビアトとのバトルにチームオーダーはいらない」:レッドブル シンガポール日曜

オートスポーツweb 9月19日(月)10時25分配信

 2016年F1シンガポールGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは6位だった。

2016年第15戦シンガポールGP 2位のダニエル・リカルド(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=6位
 ひどいスタートだったよ。モンツァの時ほどではないにせよ、決していいとは言えなかった。残念だね。激しくホイールスピンをさせてしまった上に、(ニコ・)ヒュルケンベルグがスピンしながら目の前を横切ったので、一瞬ブレーキを踏まざるをえず、さらに出遅れることになったんだ。

 その後は自分より遅いクルマの背後から抜け出せず、そうこうしているうちに、ほんの3、4周でタイヤが完全にダメになってしまった。

 かなり激しいバトルも何度かあって、それはそれで楽しかったけど、とにかくここではオーバーテイクが難しいから、なかなか抜け出せなかった。

 ダニール(・クビアト)とは、ずいぶん激しくやりあったね。でも、一度も接触がなかったのはいいことだ。 
  
 オーバーテイクは好きなんだけど、本来いるべきポジションを争っているわけではないから、あまり楽しくはなかったよ。マレーシアでは、もっといいレースができるようにしたい。まずは、望ましい形でスタートができるようにすることが重要で、そこに努力を集中する必要がある。

(トロロッソはクビアトに譲るよう指示するべきだったと思うかと、Crash.netに聞かれ)それは命令すべきことじゃないと思う。僕が自力で抜かなければならないんだ。それに楽しかったよ。争うポジションが残念だったけどね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月19日(月)10時25分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。