ここから本文です

ナッセ「ついてない。スタート直後の事故に巻き込まれた」:ザウバー シンガポール日曜

オートスポーツweb 9月19日(月)12時7分配信

 2016年F1シンガポールGP決勝で、ザウバーのマーカス・エリクソンは17位、フェリペ・ナッセは13位だった。

F1最新フォトコーナー

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 決勝=17位
 14番グリッドからスタートしたのに、こんな期待外れの結果に終わった。スタートはまずまずだった。セーフティカーが出動する前に11位まで上がり、リスタート後、それなりのペースで走り、攻めていた。

 でもその後、戦略面でギャンブルをして3回ストップを採用したところ、結局それがうまくいかなかった。2回目のスティントではトラフィックにつかまって時間をロスした。

 マレーシアで何とか挽回する方法を考える必要がある。

フェリペ・ナッセ 決勝=13位
 厳しいレースだった。スタートでは少しついてなかった。一台のマシンがバリアにクラッシュしたのだが、それが僕がいたグリッドの側だった。そのためにふたつポジションを落とした。 

 でも16番グリッドスタートだったことを考えると、13位というのはわりとよく挽回できた方だと思う。

 2回ストップ戦略はうまくいったし、今日はこの結果が精いっぱいだったと思う。次のマレーシアに期待しよう。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月19日(月)12時8分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。