ここから本文です

パラリンピック、熱戦に幕…日本は「金」ゼロ

読売新聞 9月19日(月)14時16分配信

 【リオデジャネイロ=読売取材団】第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会は18日夜(日本時間19日朝)、閉会式が行われ、12日間の熱戦に幕を下ろした。

 閉会式ではパラリンピック旗が、リオ市のエドゥアルド・パエス市長から国際パラリンピック委員会(IPC)のフィリップ・クレーブン会長を経て次回開催都市となる東京都の小池百合子知事に手渡された。1964年以来56年ぶりに開催される東京大会は、2020年8月25日から9月6日まで行われる。

 南米初開催の今大会には159の国・地域と初の難民選手団が参加し、新採用のカヌーとトライアスロンを含めた22競技528種目が行われた。日本勢のメダル総数は銀10、銅14の計24個でロンドン大会から8個増えたが、夏季大会では史上初めて金メダルがゼロに終わった。

最終更新:9月19日(月)23時41分

読売新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]