ここから本文です

袴田茂樹教授と兵頭慎治氏、日露交渉を議論

読売新聞 9月19日(月)23時13分配信

 新潟県立大の袴田茂樹教授と防衛研究所地域研究部長の兵頭慎治氏が19日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、北方領土を巡る日露交渉について議論を交わした。

 袴田氏は、中国や北朝鮮も含めた東アジア全体の国際関係の複雑化を踏まえ、「隣国のロシアと長期的、戦略的に安定した関係を持つのは必要なことだ」と指摘した。兵頭氏は、「(日本との)平和条約問題を解決した方がいいという政治的熱意は、プーチン(露大統領側に)もあるのだろうと見ている」と述べた。

最終更新:9月19日(月)23時14分

読売新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。