ここから本文です

2万3千年前、世界最古級の釣り針…沖縄で発見

読売新聞 9月20日(火)5時4分配信

 沖縄県立博物館・美術館は19日、同県南城市のサキタリ洞遺跡で、約2万3000年前の旧石器時代の貝製の釣り針が見つかったと発表した。

 過去に東南アジア・東ティモールで出土した貝製の釣り針と並ぶ世界最古級で、材料や加工法も共通している。

 遺跡は沖縄本島南部の海岸から約2キロ内陸の洞穴。釣り針は円すい形の巻き貝の底を円弧状に加工し、一方の先端をとがらせたもので、円弧の直径は1・4センチ、厚さは1・5ミリ。付け根にひもを巻き付け、同じ地層で骨が見つかっているウナギなどを釣っていたとみられる。

 年代は、地層内の炭化物を測定した放射性炭素年代を補正した結果、約2万3000年前と推定した。日本本土で釣り針の使用が確認されているのは縄文時代早期(約1万1000年前)の獣骨製のものからで、これを1万年以上さかのぼることになる。

最終更新:9月20日(火)9時15分

読売新聞