ここから本文です

岡村富山市議(自民)も政活費不正 菓子代3万円架空請求

北日本新聞 9月19日(月)7時41分配信

 富山市議会の政務活動費不正問題で、最大会派・自民党の岡村耕造氏(66)=通算5期、上飯野=が、実際には購入していない茶菓子代3万円を政活費として架空請求していたことが18日、新たに分かった。共同通信の取材に明らかにした。岡村氏は市議会議会運営委員長で、前副議長。

 一連の問題では8人の市議が、辞職または辞意を表明している。岡村氏は、不正受給した3万円の使途は不明としているが「辞職するつもりはない」と強調した。

 岡村氏は2015年11月に開いた市政報告会の茶菓子代として富山市内の菓子店が発行した3万円の領収書を提出している。取材に「菓子は買っていない」と不正を認めた。近く3万円を返還し、政活費の報告書を訂正する。

 架空請求の詳しい経緯は不明とし「会派の事務員が白紙の領収書に記入したのではないか」と話した。岡村氏は市議会自民党の議員5人の政活費計74万5千円が、同会派の中川勇元市議が持っていた白紙の領収書を使って引き出された問題で、口座から現金を出金された1人。「受け取った記憶はない」と話している。

北日本新聞社

最終更新:9月19日(月)14時29分

北日本新聞