ここから本文です

ここまで打率.281のソフトB・中村晃 現役最長の連続打率3割の記録はどうなる!?

ベースボールキング 9月19日(月)7時45分配信

 昨年7年連続で打率3割以上を記録していた内川聖一(ソフトバンク)、次いで6年連続で打率3割以上をマークした糸井嘉男(オリックス)の連続打率3割の記録が途切れた。彼らの記録が途切れたことで、NPBで最も長い連続打率3割を記録する現役選手は、中村晃(ソフトバンク)となった。だが、その中村晃も今季で打率3割の記録が途切れそうな雰囲気がある。

 中村晃は、レギュラーに定着した2013年に打率.307を記録すると、翌14年は打率.308、リーグ最多の176安打を放ち、最多安打のタイトルを獲得。昨季はオールスター前までに.326と高い打率を記録していたが、8月に入ってからは.305~.310の間を推移。

 しかし9月に入り、29日の楽天戦後には一時.292に打率が下がるなど、連続打率3割の記録が途切れるかと思われたが、翌30日の楽天戦で4安打の固め打ち。打率.297で迎えた10月4日の楽天戦で、4打数3安打を記録し、なんとか打率3割でシーズンを終えた。

 4年連続打率3割を目指す今季は、ここまで打率.281。

【今季の月間打率】
3・4月:.300
5月:.284
6月:.257
7月:.269
8月:.272
9月:.318

 月間打率を見ると、3・4月に打率.300を記録したが、その他の月は2割台後半と本来の力を発揮できていない。特に6月は自身の今季月間打率ワーストの.257と苦しんだ。現在打率.281をマークするが、シーズン終了時に打率3割をクリアすることができるだろうか。

【中村晃、13年以降の打率】
13年:.307
14年:.308
15年:.300
16年:.281

BASEBALL KING

最終更新:9月19日(月)7時45分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]