ここから本文です

Rソックス、ヤンキースに4連勝! 田沢が1回完全、上原は7セーブ目

ベースボールキング 9月19日(月)13時5分配信

○ レッドソックス 5 - 4 ヤンキース ●
<現地時間9月18日 フェンウェイ・パーク>

 レッドソックスの上原浩治が18日(日本時間19日)、ヤンキース戦の9回に救援登板し、今季7セーブ目(2勝3敗)を挙げた。田沢純一は3番手として、1回をパーフェクト。日本人投手が揃って好投し、ヤンキースとの4連戦をスイープした。

 レッドソックスは序盤まで4点を追う苦しい展開。それでも5回裏、4番ラミレスが27号3ランを放ち1点差に迫ると、直後の6回表、3番手として登板した田沢が3者凡退の完璧救援を見せ流れを呼び込んだ。

 するとその裏、レッドソックスは8番ブラッドリーが右前適時打を放ち同点。7回にはラミレスが2打席連発となる28号ソロを放ち、試合をひっくり返した。

 5-4の9回は、連投の守護神・キンブレルに代わり上原が登場。実績十分の右腕は二死から単打を許したが、最後は4番テシェイラを中飛に退けた。

 田沢は1回をわずか10球で片付け、1奪三振無失点で防御率4.25。上原は右胸筋痛からの復帰後6試合連続無失点とし、防御率を3.86とした。

 ア・リーグ東地区首位のレッドソックスは、4連勝で首位の座をガッチリとキープ。これで同地区2位・オリオールズとの3ゲーム差を維持したまま、現地19日からの直接対決4連戦を迎えることになった。

BASEBALL KING

最終更新:9月19日(月)13時13分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]