ここから本文です

しいたけバーガーで勝負

紀伊民報 9/19(月) 17:01配信

 和歌山県田辺市龍神村福井、道の駅「水の郷日高川 龍游」の「龍游館」にある「つぐみ食堂」(古久保由香店長)は24、25日に京都府京丹後市である全国道の駅のグルメナンバーワンを決める「道―1グランプリ」に、地元の肉厚シイタケを使った「しいたけバーガー」を出品する。

 道―1グランプリは、全国にある道の駅の活性化を目的に京都府丹後広域振興局や京丹後市とその近隣町、地元商工会や観光協会などでつくる実行委員会が主催して初めて開く。会場は、甲子園球場約8個分の広さがある西日本最大の道の駅「丹後王国食のみやこ」。

 龍游館のつぐみ食堂のしいたけバーガーは、「龍神マッシュ」(龍神村甲斐ノ川)から仕入れた地元産の肉厚シイタケとベーコンがよくマッチした味わいで人気商品の一つ。つぐみ食堂は「バーガーは他の駅も出品していて激戦が予想されるが、なんとか頑張りたい」と話している。

 本選では、来場者が投票権付きのチケットを購入して味わい投票する。1~3位を表彰する他、スポンサーの特別賞もある。実行委は2日間で約3万人の人出を見込んでいる。

最終更新:9/19(月) 17:01

紀伊民報