ここから本文です

S・ラモスは退場すべきだった? “神の手”シュートブロックが話題に

SOCCER KING 9/19(月) 18:51配信

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節エスパニョール戦で見せた、“左手”によるシュートブロックが話題となっている。同日付のスペイン紙『アス』や『マルカ』が伝えている。

 話題になっているのは、エスパニョールに所属するパラグアイ代表FWエルナン・ペレスが25分にシュートを放ったシーン。同紙は、S・ラモスは左手でブロックしており、警告に値するプレーだったと報じている。S・ラモスは3分にすでにイエローカードを1枚もらっていたため、退場だったのではないかと騒がれている。

 S・ラモスはシュートブロックした後、顔面に当たったことをアピールするために手で顔を抑えて倒れ込んだ。エスパニョールの選手やサポーターは抗議をしたが、S・ラモスのハンドは認められず、“神の手”のごとく幻のものとなった。

SOCCER KING

最終更新:9/19(月) 18:54

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報