ここから本文です

ジダン息子エンツォ、97分に決勝PK弾 カスティージャを2位浮上に導く

SOCCER KING 9月19日(月)17時52分配信

 レアル・マドリードのBチームであるカスティージャに所属する、ジネディーヌ・ジダン監督の息子エンツォ・ジダンが、決勝点となるPKを後半アディショナルタイムに決めた。18日付けのスペイン紙『マルカ』が報じている。

 ジダンは18日に行われたセグンダ・ディビジオンB(スペイン3部)第5節のレイオア戦でベンチ入りし、スコアレスで迎えた67分に途中交代でピッチに立った。ゴールが生まれないまま時計は進み迎えた後半アディショナルタイム7分、カスティージャは相手選手がエリア内でハンドをしたことによりPKを獲得すると、これをジダンが左下に力強く蹴り込み、ネットを揺らした。このゴールが決勝点となり勝利したカスティージャは、前節終了時点で首位に立っていたレイオアと勝ち点で並び、2位に浮上している。

 現在元アルゼンチン代表MFサンティアゴ・ソラーリ氏が率いるカスティージャ。ジダンはここまでのリーグ戦5試合全てに出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せている。

SOCCER KING

最終更新:9月19日(月)19時20分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。