ここから本文です

[東海]混戦の東海リーグ、中京大が6発快勝!首位・静産大との得失点差詰める:第11節

ゲキサカ 9/19(月) 10:40配信

第55回東海学生サッカーリーグ戦1部

 第55回東海学生リーグ1部の第11節が17日に各地で行われた。首位に立つ静岡産業大は中部大に3-1で勝利。首位と勝ち点26で並ぶ2位の中京大は名古屋経済大に6-0の大勝を収め、静岡産業大との差を得失点差9差から5差に詰めた。

 静岡産業大は中部大に3-1で勝利した。後半7分に先制されたが、同10分と18分にFW遠山拓民(2年=甲府U-18)が連続ゴール。逆転に成功すると、同29分にはDF森本匠(4年=島原商業高)が3点目。終わってみれば2点差の勝利で勝ち点26に伸ばした。

 首位に食らいつきたい2位の中京大は名古屋経済大に6-0の圧勝。前半29分にDF大村海太(3年=藤枝東高)のアシストからFW水野翔太(3年=東邦高)が先制点を挙げれば、同35分にはMF水野隼人(4年=野洲高)の浮き球からDF村瀬大地(2年=岐阜工高)がヘディングシュートを決めた。

 2-0で迎えた後半には4得点。後半5分にMF藤島樹騎也(2年=星稜高)のアシストで水野翔が自身2点目を沈め、同40分には藤島のシュートのこぼれから、最後は水野隼がゴールネットを揺らした。

 4-0の後半43分にはFW猪木遼平(4年=名東高)のクロスから村瀬が再びヘディングシュートを叩き込み、後半アディショナルタイム1分には大村の右クロスから途中出場のMF大城佑斗(2年=中京大中京高)が6点目。

 シュート数で20本と相手の7本を大きく上回り、6-0の快勝で力を示した。同勝ち点で並ぶ静岡産業大とは得失点差9差が開いていたが、5差に詰めることに成功している。

 また東海学園大は愛知学院大に4-1で勝利し、上位2校を勝ち点1差で追っている。常葉大学浜松キャンパスは静岡大を1-0で下し、4位を守った。岐阜経済大は名古屋商科大に3-1で勝っている。

結果は以下のとおり

中京大 6-0 名古屋経済大
[中]水野翔太2(29分、50分)、村瀬大地2(35分、88分)、水野隼人(85分)、大城佑斗(90+1分)

常葉大学浜松キャンパス 1-0 静岡大
[常]土井智之(53分)

静岡産業大 3-1 中部大
[静]遠山拓民2(55分、63分)、森本匠(74分)
[中]関栄次郎(52分)

東海学園大 4-1 愛知学院大
[東]本多琢人(38分)、鹿山拓真(45分)、渡邊柊斗(74分)、神谷椋士(84分)
[愛]知念慶(90分)

岐阜経済大 3-1 名古屋商科大
[岐]谷口海斗(39分)、柳原豪人(74分)、重田陽(78分)
[名]布施翼(80分)

■順位表
1.静岡産業大(26)+18
2.中京大(26)+13
3.東海学園大(25)+39
4.常葉大学浜松(22)+14
5.岐阜経済大(20)+7
6.静岡大(13)-4
7.愛知学院大(12)-4
8.名古屋経済大(5)-25
9.中部大(4)-34
10.名古屋商科大(3)-24

▽得点ランキング
1位:22点
畑潤基(東海学園大)
2位:11点
知念慶(愛知学院大)
3位:9点
大野耀平(常葉大浜松)
4位:8点
古川由(静岡大)
谷口海斗(岐阜経済大)

最終更新:9/26(月) 11:54

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革