ここから本文です

「あおもり県民カレッジ」学生2万人突破

Web東奥 9月19日(月)11時25分配信

 子どもから高齢者まで入学できる生涯学習の取り組み「あおもり県民カレッジ」(学長・三村申吾知事、本部・県教育委員会)に在籍している学生数が18日、2万人に達した。
 この日、青森市の県総合社会教育センターで開かれた同カレッジの「キッズフェア2016」で、金谷陽菜(ひな)さん(青森市篠田小6年)が2万人目となり、カレッジ事務局である同センターの指定管理者「日本人財発掘・ビルネットグループ」の山田卓(たかし)・総括責任者から花束やお菓子を受け取った。
 2万1人目の新酒(しんさか)瑠菜(るな)さん(同市筒井小4年)とともに記念写真に納まった金谷さんは「すごくびっくりしたけれどうれしかった。青森の自然などを学びたい。いろんなことをやってみたい」と話していた。
 カレッジは、県内各地の連携機関とネットワークを組み、幅広い分野を学習できるよう支援する取り組み。1997年10月に開設され、今年20年目に入った。2006年度には「子どもカレッジ」も開設した。
 延べ入学者数は、9月18日現在で約2万4千人(退学者含む)。

東奥日報社

最終更新:9月19日(月)11時25分

Web東奥