ここから本文です

NY最前線ヴォーカリストが結成したスペシャル・ユニット“ティレリー”、1stアルバムを日本のみCDでリリース

CDジャーナル 9月20日(火)17時17分配信

 米NYを拠点に活動する女性ヴォーカリスト、ベッカ・スティーヴンス、レベッカ・マーティン、グレッチェン・パーラトから成るスペシャル・ユニット、ティレリー(Tillery)のデビュー・アルバム『ティレリー』(RPOZ-10026 2,400円 + 税)が9月21日(水)にリリースされます。

 2010年から活動をスタートし、それぞれのソロ活動が多忙となるなか定期的にライヴやワークショップを行ない話題となっていたティレリー。現代ジャズを代表するヴォーカリストが集結したスーパー・ユニットのアルバムがついに完成。CDでのリリースは日本限定です。

 アルバムには、それぞれのオリジナル曲をはじめ、故プリンスの名作『パープル・レイン』収録曲「テイク・ミー・ウィズ・ユー」や、ジャクソンズの「プッシュ・ミー・アウェイ」などのカヴァーも収録。3人の美しいハーモニーとアレンジでオリジナルとは異なる曲の魅力を引き出しています。日本盤には、ボーナス・トラックとしてアントニオ・カルロス・ジョビンの「コルコヴァード」を特別収録。

 また、収録曲「スウィートハート」にはラリー・グレナディア(b)とマーク・ジュリアナ(dr)、「マグナス」には今回エンジニアを務めたピート・レンデ(key)が参加。マスタリングは、ティグラン・ハマシアンらハイエンドなミュージシャンから大きな信頼を得ているドラマーのネイト・ウッドが担当。NYの空気がたっぷりと詰まったアルバムとなっているようです。

最終更新:9月20日(火)17時17分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。