ここから本文です

石川遼が1カ月で81人抜き 入れ替え戦出場の岩田寛も上昇/男子世界ランク

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月20日(火)7時23分配信

18日付けの男子世界ランクが発表され、石川遼が前週の130位から116位に順位を上げた。今年2月から腰痛などで約5カ月の長期離脱を強いられたが、復帰2戦目の8月「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」で優勝、3戦目「フジサンケイクラシック」で2位、前週「ANAオープン」で3位と、直近出場3試合連続でトップ3入り。この1カ月で197位から急浮上を遂げた。

【画像】手が届くかも?最終日に石川遼が着用していた時計に注目

2014年11月を最後に一度も入っていないトップ100も見えてきたが、出場予定の次戦は10月13日開幕の「日本オープン」のため、数週間は再び順位を下げることになりそうだ。

「ANAオープン」で2位に入った池田勇太は9ランク浮上で91位とし、試合のなかった18位の松山英樹、73位の谷原秀人に続く日本勢3番手をキープしている。3季ぶりに優勝したブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)は前週の653位から331位と大幅に浮上した。

来季の米ツアー出場権をかけた全4試合の入れ替え戦に参戦中の岩田寛は、2戦目の「アルバートソンズ・ボイジーオープン」で12位となり、前週から9ランク上がり220位となった。

米国ツアーがオープンウィークだったためランク上位陣に目立った変動はなかったが欧州ツアー「イタリアオープン」で2位となったダニー・ウィレット(イングランド)は同郷のジャスティン・ローズをかわして10位に上がった。優勝したフランチェスコ・モリナリ(イタリア)は22ランク浮上で43位となった。

最終更新:9月20日(火)8時27分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)