ここから本文です

米住宅建設業者指数、11カ月ぶりの高水準

ロイター 9月20日(火)0時50分配信

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 全米住宅建設業者協会(NAHB)が発表した9月のNAHB/ウエルズ・ファーゴ住宅建設業者指数は、前月の59(60から下方改定)から65に上昇し、2015年10月以来の高水準に一致した。夏の閑散期を経て、住宅購入意欲が再び高まった。

市場予想の60も上回った。

NAHBのエド・ブレイディー会長は「家計所得が拡大する中、全国的に建設業者の業況が改善しており、住宅市場が引き続き進展している前向きな兆候を示している」と指摘。

「一戸建て市場は引き続き緩やかな回復を遂げており、この勢いは年内そして来年にかけて強まる」と予想する。

内訳では、現在の販売見通しは6ポイント上昇の71。今後半年の販売見通しは5ポイント上がり71となった。

潜在的な住宅購入者の動きを示す指数は4ポイント上昇の48。

地域別では、3カ月平均指数が北東部と南部で1ポイント上昇しそれぞれ42、64となった。西部は4ポイント上昇の73、中西部は55で変わらずだった。

最終更新:9月20日(火)5時49分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]