ここから本文です

ゾウ密猟防げ、象牙市場焦点 ワシントン条約会議、24日から 各国市場の閉鎖、採択の可能性

朝日新聞デジタル 9月20日(火)5時30分配信 (有料記事)

 野生動植物の保護などについて話し合うワシントン条約締約国会議が、24日から南アフリカで開かれる。最大の焦点は、ゾウの密猟を止めるため、象牙を取引する市場をすべて閉鎖するかどうかだ。閉鎖の決議が採択されれば、日本の象牙市場も対応を迫られる。

 象牙の国際取引は原則禁止されている。世界的には国内取引も含めた全面禁止の方向に向かっている。
 会議では、各国に国内市場閉鎖を求める決議案が出されている。3分の2の国が賛成すれば採択される。10日ハワイであった国際自然保護連合(IUCN)による世界自然保護会議では、国内取引禁止の勧告が賛成多数で採択された。……本文:5,376文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)5時30分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。