ここから本文です

華やか「マスキング電車」 富士・岳鉄

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月20日(火)7時18分配信

 車体にマスキングテープの柄を施した“マスキング電車”が19日、富士市の岳南電車(通称・岳鉄)にお目見えした。28日から始まるイベントに先駆けた運行で、電車は今後、車内も全面的にテープで改装される。

 企画したのはマスキングテープ製造大手で、「マステ女子」と呼ばれる女性たちの収集ブームの火付け役でもあるカモ井加工紙(岡山県倉敷市)。富士山観光交流ビューローが販売するオリジナルグッズの「富士山テープ」を同社が手掛けているのが縁で、同じ紙のまちである富士市の活性化を支援しようと、電車1両を丸ごとアート化する計画が持ち上がったという。

 富士山をモチーフにした青と黄緑、赤の3色のテープ柄の車両は華やかな雰囲気。電車がホームに到着すると、乗客はおしゃれに生まれ変わった車体を驚いた様子で眺め、記念撮影する姿も見られた。

 電車は車内の天井や床、つり革など内部もさまざまなテープで彩られ、28日~10月10日に吉原―岳南江尾間を約1時間間隔で往復する。期間中は岳南富士岡駅もテープでラッピングされ、限定品の販売なども行われる。

静岡新聞社

最終更新:9月20日(火)8時14分

@S[アットエス] by 静岡新聞