ここから本文です

JUJU、沢村一樹に“救世主”依頼!? ドラマ主題歌でデュエット

cinemacafe.net 9/20(火) 12:15配信

10月期放送の新ドラマ「レンタル救世主」の主題歌を、アーティストのJUJUと本ドラマの主演・沢村一樹が担当することが決定した。

【画像】JUJU 沢村一樹 「レンタル救世主」

超絶お人好しのちょっぴり情けない男・明辺悠五(沢村一樹)は、莫大な借金を肩代わりさせられ、さらには会社をクビになりとドンドン不幸のループに陥っていく。そんな時に再就職先として見つけたのが「レンタル救世主」。誰よりも助けて欲しいはずの男が、誰かを助けることを強要されることに。借金返済のため、家族のために、命懸けの救世主を断行する明辺は、「助けて」と周りに伝えることの出来ない依頼者の気持ちを受け止めていくことで、大切な「想い」の数々に気付かされていく――。

キャストには、主人公・明辺悠五演じる沢村さんのほか、妻・紫乃役に稲森いずみ。兎にも角にも目立つことが大好きで、明辺と共にレンタル救世主として活動する葵伝二郎役に「ジャニーズWEST」藤井流星。そのほか、志田未来、福原遥、中村アン、勝地涼、大杉漣らがキャスティング。

今回、本ドラマの主題歌を担当することがすでに決定していたJUJUさん。しかし、JUJUさんは沢村さんのもとに訪れ、「レンタル救世主として一緒に主題歌を歌ってください」とまさかの“依頼”! 驚きを隠せない沢村さんだったが、ドラマの役である明辺悠五へ“レンタル救世主”としての依頼ということで、「全力で取り組みます!」と誓い、今回のタッグが実現した。気になる曲は、「JUJU feat. 明辺悠五」のデュエットソングで、デュエットらしい歌謡曲の雰囲気を纏いながらも、現代にあったアップテンポな曲調となっているようだ。

沢村さんは、依頼を受けてからボイトレなどを積んでこのレコーディングに臨んだそう。すでに楽曲のレコーディングは終了しており、沢村さんは「とにかく緊張しましたし、改めて『歌手の方ってすごいな』と率直にそう思いました」と話し、「歌い始めてみるととても楽しくて、なんでも一度はやってみるものだな、と思いました」と感想を語った。また、楽曲については「日曜ドラマの曲として、“明日からも元気に!”なれる曲になっていますので、ドラマと一緒にぜひお楽しみください!」とアピールしていた。

一方、昔から沢村さんが大好きだったというJUJUさんは、「まさか一緒に歌えるときが来るなんて思っていませんでした。『レンタル救世主』様様です!(笑)」と喜び、「普段も素敵な声だなと思っていましたが、実際に歌っていただいて、やっぱり素敵な歌声でとても感動しました! 『レンタル救世主』に頼んでよかったです!」と絶賛。そして楽曲については「ドラマが、助けてと言えない人、人を信じられない人が、心のSOS をレンタル救世主に依頼し、救世主もまた依頼主に信じてもらうため命を懸けて依頼に応える、というどこか切なく、でも最後は温かい作品だと感じ、その思いを込めて作りました」と明かし、「ぜひたくさんの方々にドラマを見て、そしてこの曲を聴いていただき、楽しい週末から新しい1週間に前向きな一歩を踏み出していただけたら」とコメントした。

「レンタル救世主」は10月9日(日)22時~日本テレビにて放送(初回30分拡大)。※以降22時30分~放送

最終更新:9/20(火) 12:15

cinemacafe.net