ここから本文です

高齢ラクダとポニーに贈り物 神戸どうぶつ王国

神戸新聞NEXT 9月20日(火)7時30分配信

 「敬老の日」の19日、神戸市中央区港島南町7の神戸どうぶつ王国で、高齢のラクダとポニーをねぎらうイベントがあった。18歳のフタコブラクダのクララには、トレードマークの頭の毛を結うハロウィーン仕様のリボン、21歳のポニーのボビーにはスタッフお手製の名前入り鞍(くら)下が贈られた。

 同園によると、2頭は人間に換算すると、60~80歳くらい。毎日背中に来場者を乗せている。

 プレゼントで装った2頭は、お祝いに訪れた子どもたちから特製のふかしイモケーキや、大好物のニンジンなどを与えられ、満足そう。

 京都府舞鶴市から訪れた女児(6)は「おじいちゃんとおばあちゃんに『いつまでも元気でいてね』と手紙を書いた。クララとボビーも長生きして頑張って」と話した。(大田将之)

最終更新:9月20日(火)7時39分

神戸新聞NEXT