ここから本文です

〔台風16号〕鹿児島県大隅半島に上陸 年間の上陸台風6個は2004年に次ぐ多さ(9/20)

レスキューナウニュース 9月20日(火)0時20分配信

気象庁によると、台風16号の中心は、20日00:00過ぎ、鹿児島県大隅半島に上陸しました。
台風の上陸は今年6個目、1年に6個の台風が上陸したのは、観測史上最多となる10個の台風が上陸した2004(平成16)年に次ぐ多さとなっています。

■今年日本に上陸した台風〔気象庁〕
・台風7号 :8月17日17:30頃、北海道襟裳岬付近に上陸
・台風11号:8月21日23:00過ぎ、北海道釧路市付近に上陸
・台風9号 :8月22日12:30頃、千葉県館山市付近に上陸/8月23日06:00頃、北海道日高地方に再上陸
・台風10号:8月30日18:00前、岩手県大船渡市付近に上陸
・台風12号:9月5日01:00過ぎ、長崎県長崎市付近に上陸
・台風16号:9月20日00:00過ぎ、鹿児島県大隅半島に上陸

■上陸した台風の多い年〔気象庁、1951年以降〕
・10個:2004年
・ 6個:1990年、1993年、2016年
・ 5個:1954年、1962年、1965年、1966年、1989年

※台風の「接近」「上陸」の定義:台風の中心がそれぞれの地域のいずれかの気象官署から300km以内に入った場合を「接近」、北海道・本州・四国・九州の海岸線に達した場合を「上陸」としている(ただし、小さな島や半島を横切って再び海上に出た場合は「上陸」ではなく「通過」とする)。

レスキューナウ

最終更新:9月20日(火)0時20分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。