ここから本文です

豊洲市場の盛り土問題で専門家会議が会見(全文2)地下空間について審議

THE PAGE 9月20日(火)11時35分配信 (有料記事)

地下空間に再び盛り土をする可能性はどのくらいあるのか

テレビ朝日:テレビ朝日の斎藤と申します。今、地下空間の部分に再び盛り土をする工事をやる可能性といいますか、それはどのくらいあるんでしょうか。

平田:それも専門家会議でのご審議の内容だろうと思います。ただし、きのう、メディアの方が地下に入られて流れていまして、私も夜、それを見せていただきまして、いろんな施設が入ってるなということで、今、あそこに盛土をするのは物理的には難しいかなという感じがいたします。それは正直な気持ち。

テレビ朝日:万が一、工事をする場合にはその工期がどのぐらいかかって。

平田:いや、工事をといいますか、もう今は盛土の状況がなくなっているということですのであらためてどうすべきかということを議論をすると。それが専門家会議のミッションの非常に大きな1つですので、盛土は盛土として、これ、今あるのは盛土じゃなくて地下空間があるということですので、それであらためてそれを審議をすると。その結果をどうするかということだと思います。

テレビ朝日:ではもう完全に盛土をする案からは、切り離して考えるということですか。

平田:切り離すというか条件が崩れていますので、あらためて盛土っていうことも含めていろんな可能性を検討するというふうに考えております。

テレビ朝日:分かりました、ありがとうございました。

平田:ごめんなさい、さっきこっちが先だったのにすみません。はい、どうぞ。本文:15,756文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9月20日(火)12時37分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。