ここから本文です

豊洲市場の盛り土問題で専門家会議が会見(全文2)地下空間について審議

THE PAGE 9/20(火) 11:35配信 (有料記事)

地下空間に再び盛り土をする可能性はどのくらいあるのか

テレビ朝日:テレビ朝日の斎藤と申します。今、地下空間の部分に再び盛り土をする工事をやる可能性といいますか、それはどのくらいあるんでしょうか。

平田:それも専門家会議でのご審議の内容だろうと思います。ただし、きのう、メディアの方が地下に入られて流れていまして、私も夜、それを見せていただきまして、いろんな施設が入ってるなということで、今、あそこに盛土をするのは物理的には難しいかなという感じがいたします。それは正直な気持ち。

テレビ朝日:万が一、工事をする場合にはその工期がどのぐらいかかって。

平田:いや、工事をといいますか、もう今は盛土の状況がなくなっているということですのであらためてどうすべきかということを議論をすると。それが専門家会議のミッションの非常に大きな1つですので、盛土は盛土として、これ、今あるのは盛土じゃなくて地下空間があるということですので、それであらためてそれを審議をすると。その結果をどうするかということだと思います。

テレビ朝日:ではもう完全に盛土をする案からは、切り離して考えるということですか。

平田:切り離すというか条件が崩れていますので、あらためて盛土っていうことも含めていろんな可能性を検討するというふうに考えております。

テレビ朝日:分かりました、ありがとうございました。

平田:ごめんなさい、さっきこっちが先だったのにすみません。はい、どうぞ。本文:15,756文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9/20(火) 12:37

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。