ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「尻毛」

ITmedia LifeStyle 9/20(火) 6:10配信

 所在地は岐阜県岐阜市。しり……あまり大声で発声しづらそうなこの地名ですが、大丈夫です。正しくは「しっけ」と読みます。この地域付近には伊自良(いじら)川という川の氾濫源があり、氾濫すると湿度が高まっていたそうです。そんな背景もあり、地名の「しっけ」というのは「湿気」から来ているようです。なぜ、湿気が尻毛になったかは不明です。「尻」とは「一帯を代表するエリア」という意味を持つそうで、むかしは何か代表するエリアだったのかもしれません。

【正解はこう読みます】

 岐阜県には上尻毛(かみしっけ)と下尻毛(しもしっけ)という地域も存在しています。また、尻毛駅があり、名前が変わっていることからマニアに人気の地となっていましたが2005年に廃駅となっています。

最終更新:9/20(火) 6:10

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。