ここから本文です

航空各社、20日は50便超欠航 台風16号、九州・中四国方面に影響

Aviation Wire 9月20日(火)6時56分配信

 強い台風16号の影響で、9月20日は西日本を中心に猛烈な雨が降り、大荒れとなることが予想されている。航空各社では、九州や四国、中国地方の発着便を中心に欠航が発生。遅延や目的地変更などの影響が出る可能性がある。

 気象庁によると午前6時の推定で、台風16号は高知県足摺岬の南西約80キロを時速30キロ(16ノット)で東北東へ進んでいる。中心気圧は960ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。20日は西日本や東日本の太平洋側を進み、21日には日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。

 全日本空輸(ANA/NH)では、午前7時15分徳島発の羽田行きNH280便や、午前8時5分鹿児島発の羽田行きNH620便など、九州や四国方面の国内線11便の欠航が決定。約900人に影響が出る見通し。

 日本航空(JAL/JL、9201)も、午前7時25分羽田発の南紀白浜行きJL213便や、午前7時50分発の高松行きJL475便など、九州や四国、中国地方を発着する国内線37便の欠航が決定。約2770人に影響が及ぶ見込み。

 JALグループでは、日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)が岡山発着便に終日影響が出る可能性があるとしており、日本エアコミューター(JAC/JC)は、午前7時30分福岡発の松山行きJC3591便など計7便の欠航を決めた。

 スカイマーク(SKY/BC)は、19日に羽田午後6時15分発の鹿児島行きBC307便が欠航したことに伴い、20日は午前7時に羽田を出発する臨時便、鹿児島行きBC5309便を運航する。

 その他の航空会社でも、九州や四国、中国地方の発着便を中心に、台風による影響を受ける場合がある。航空各社では、ウェブサイトなどで最新の運航情報を確認するよう、呼びかけている。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9月20日(火)6時58分

Aviation Wire

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。