ここから本文です

やまもり三香のマンガ「ひるなかの流星」実写映画化、「四月は君の嘘」新城毅彦が監督

映画ナタリー 9/20(火) 0:00配信

やまもり三香によるマンガ「ひるなかの流星」が実写映画化されることが、本日9月20日発売のマーガレット20号にて発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

原作マンガは、親の転勤に伴い東京の高校に通うことになった田舎育ちの女子高生すずめを主人公にしたラブストーリー。1年次の担任教師・獅子尾と同級生・馬村の間で揺れるすずめの姿を描く。映画では現在公開中の「四月は君の嘘」の新城毅彦がメガホンを取り、ドラマ「失恋ショコラティエ」の安達奈緒子が脚本を担当する。

「ひるなかの流星」は2017年3月公開予定。

最終更新:9/20(火) 0:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]