ここから本文です

【香港】来年は「双春」で結婚ラッシュ、業界に商機

NNA 9月20日(火)8時30分配信

 来年は旧暦で結婚に縁起が良いとされる「双春年(立春が2回ある年)」に当たることから、香港では結婚式を挙げるカップルが急増する見通しだ。市民の婚姻件数が減少傾向にある香港だが、業界は商機を迎えることになりそうだ。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。
 コーズウェーベイ(銅鑼湾)の風水サービス企業、スカイ・フォーチュンの風水師である柏天心(ルイス・ウォン)氏は、来年は香港の結婚式の数が2割以上増えるとみている。双春年は4年ごとに起こる傾向にあり、良い始まりと終わりを迎えられる年だと信じられているため、結婚や出産に縁起が良いとされている。
 2013年の香港人同士の婚姻件数は2万8,837件で、前年の3万2,523件から減少。香港人男性と中国本土の女性との婚姻も1万6,930件から1万5,737件に減少した。一方、香港人女性と本土男性との婚姻は4,930件から5,293件に増えた。
 生活情報サイト「ESDライフ(生活易)」の調査によると、昨年の香港での結婚関連支出は1カップル当たり平均で31万3,933HKドル(約413万円)となり、前年から約1%増えた。

最終更新:9月20日(火)8時30分

NNA