ここから本文です

大谷 連日のV撃!ハム貯金29は球団初日本一以来54年ぶり

スポニチアネックス 9月20日(火)5時45分配信

 ◇パ・リーグ 日本ハム3―1ロッテ(2016年9月19日 札幌D)

 低めへ鋭く沈むスライダーだった。初回1死三塁。日本ハム・大谷は腕を畳み、ボールの下を叩いた。打球は逆方向の左翼ファウルゾーンへと舞い上がり、先制の犠飛に。2試合連続、今季10度目の決勝打となった。

 「フライを打ちにいったのでなるべく(ストライクゾーンを)広く取った。定位置くらいだったら(三塁走者の)遥輝(西川)さんが還ってこられると思った」。3試合連続打点。3試合ぶりに無安打だったが、走者を還すクリーンアップの役目は果たした。投打がかみ合い同一カード3連勝。栗山監督も大谷の一打に「試合の流れを分かってくれている」と称えた。

 この日、全体練習前に末沢寿一オーナー、竹田憲宗球団社長がグラウンドでナインを激励。竹田社長が今季スローガン「爆(は)ぜる」にちなみ、「さあみんな、日本一へ向けて爆ぜよう!」と呼び掛け、最後はまさかの「一本締め」で爆笑を誘った。若手が多く、優勝争いに慣れていない。選手をリラックスさせようという竹田社長のアドリブだった。その若手の中心である大谷が電光石火の先制攻撃で応えた。

 東映時代の1962年以来54年ぶりの貯金29。当時の監督は名将・水原茂氏だった。栗山監督が千葉県船橋市内にある「吉沢野球博物館」を訪れた時のこと。水原氏の手書きメモに驚いたことがあった。理想のユニホームの着こなしがセンチ単位で書かれ、ポケットにしまうタオルの見え方まで記されていた。「人は弱いものだから形(服装)にこだわるべき」という水原氏の理念に感銘を受けた。「そういう先輩方がいて今の我々がある」と栗山監督。貯金29は、伝説の先輩指揮官に追い付いた証だ。

 首位・ソフトバンクは引き分けたため2位のままだが、ゲーム差なしの勝率3厘差に迫った。21日からソフトバンクとの最後の直接対決2連戦を迎える。初戦に先発する大谷が「何でもいいので勝てば十分」と言えば、指揮官も「“攻めダルマ”になった方が勝ちやすいと思っていく」と気合十分。最大11・5ゲーム差からの大逆転Vを成し遂げる。 (柳原 直之)

 ≪連勝でM6点灯≫日本ハムが3連勝で貯金を今季最多の29とした。日本ハムで貯金29以上は東映時代の61年(最多35)、62年(最多31)に次いで54年ぶり3度目になる。21、22日はソフトバンクと今季最後の直接対決で、日本ハムは連勝すればM6、1勝1分けならM7が初点灯。ソフトバンクは1勝した時点か2分けでM8が再点灯する。

最終更新:9月20日(火)5時55分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]