ここから本文です

池田勇太、予選ラウンドはラーマン&片山と“オリンピアン対決”に!

ゴルフ情報ALBA.Net 9月20日(火)13時18分配信

<アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 事前情報◇20日◇茨木カンツリー倶楽部 西コース(7,320ヤード・パー70)>

先週の最終日、池田と遼が同組に

 国内男子ツアー「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」が22日(木)から4日間の日程で大阪府の茨木カンツリー倶楽部 西コースを舞台に開催される。

 アジアンツアーとの共催でもあるこの大会は、日本とアジア両ツアーの選手はもとより、アジア太平洋地域のトップアマチュアも参戦。アジア太平洋地域NO.1ゴルファーを目指し132名の選手がしのぎを削る。

 この日はペアリングが発表され、前戦で惜しくも2位に終った池田勇太はバングラディシュのシディクール・ラーマンの片山晋呉と同組に。ラーマンはリオ五輪のバングラディシュ代表。池田と片山は日本代表、奇しくも3人とも“オリンピアン”の組となった。

 ホストプロの藤田寛之は片岡大育、ミゲル・ダブリエナ(フィリピン)と、賞金ランク首位を走る谷原秀人は藤本佳則とマレーシアのアマチュア、G・K・グリーンとのペアリングとなった。先週3年ぶりの優勝を挙げたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)は、小林正則とマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)と予選ラウンドを戦う。

 昨年覇者のキム・キョンテ(韓国)は米ツアーの入れ替え戦に出場中のため、欠場する。

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月20日(火)13時18分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]