ここから本文です

ジョニー・トー監督×ルイス・クー主演の最新作「ホワイト・バレット」17年1月公開

映画.com 9月20日(火)4時0分配信

 [映画.com ニュース] “香港ノワール”の巨匠ジョニー・トーの最新作「ホワイト・バレット」が、17年1月に公開されることが決定した。香港の病院のワンフロアを舞台に、頭に銃弾を受けて運ばれた凶悪強盗団の男、男を見張る刑事、男の手術を試みる女医が繰り広げる駆け引きを描く。

 チャン警部は、頭に傷を負って救急病院に運ばれた強盗団のチョンから一味の情報を聞き出そうとする。そんななか、女医のトンは拒否するチョンを説得し、至急手術をしようとするが、チョンはそれを利用して仲間に連絡を取ろうとする。チョンを取り戻そうとする一味の魔の手が病院に迫り、3人の命をかけた戦いが始まる。

 トー監督作10本目の出演となる香港の人気俳優ルイス・クーが、チャン警部に息吹を注ぐ。トンを、「So Young 過ぎ去りし青春に捧ぐ」で監督としての才能も評価されたビッキー・チャオ、チョンを中国時代劇ドラマスターとして人気を集めるウォレス・チョンが演じる。

 「ホワイト・バレット」は、2017年1月7日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

最終更新:9月20日(火)4時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。