ここから本文です

ハマの番長、熱く語ったリーゼント 引退会見で明かした「こだわり」

J-CASTニュース 9月20日(火)17時4分配信

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手(42)が2016年9月20日、横浜市内のホテルで会見を行い、今シーズン限りでの現役引退を発表した。1991年にドラフト6位で大洋ホエールズ(当時)に入団して以来、25年にわたり「横浜一筋」でプレーを続けた。

 トレードマークのリーゼントヘアと男気溢れるキャラクターから、「ハマの番長」の愛称でファンに親しまれてきた三浦投手。会見では、現役引退後の身の振り方だけではなく「リーゼントはどうなるのか」といった質問も出た。

■「監督になってもリーゼントで!」

 三浦投手は25年のプロ生活で532試合に登板、これまでに通算172勝(183敗)を挙げている。1997年には最高勝率、2005年には最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲得。2000年代中盤から長らく低迷を続けていたチームの「大黒柱」として、横浜投手陣を引っ張ってきた。

 今回の20日の会見で三浦投手は、引退を決意した理由について「勝てなくなったからです」と明快に説明。その言葉通り、今シーズンの投手成績は0勝2敗。初登板となった7月11日の対中日戦で、4回6失点と打ち込まれたことで「引退を決意した」とも明かした。

 チームメイトに引退の事実を伝えたのは、会見前日の9月19日の試合後だったという。DeNAが球団史上初となるCS(クライマックスシリーズ)進出を決めた直後の報告には、三浦投手も「チームメイトが喜んでいる中、こうした報告をするのはどうかと思ったんですが...」と苦笑い。ただ、チームメイトからは「辞めないでください」などと温かい声がかけられたという。

 三浦投手の引退会見では、トレードマークの「リーゼントヘア」に関する質問も集まった報道陣から飛んだ。記者から引退後の髪型について質問された三浦投手は、

  「(リーゼントは)卒業しません。できる限り、やり続けたいと思っています」

と笑いながら答えていた。別の記者から「リーゼントに込めた思い」について質問されると、

  「この髪型が単純に好きですから(笑)。ただ、ルーキー時代に最初に始めた頃には、何十人という投手がいる中で、注目されたい、目立ちたいという思いがありました。自分に気付いてもらえなければ、(試合で)使ってもらえないですから」

と振り返った。また、会見に出席したフジテレビのアナウンサーからは「監督になってもリーゼントでお願いします!」というエールも飛んでいた。

1/2ページ

最終更新:9月20日(火)19時12分

J-CASTニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。