ここから本文です

世界の極地マラソン完走 岡崎さんが写真展

神戸新聞NEXT 9月20日(火)11時0分配信

 世界最高峰のエベレストや南極などの極地をマラソンで完走した岡崎健一さん=兵庫県丹波市山南町=による「41才青春の南極・エベレスト・北極マラソン写真展」が丹波市山南町草部の古民家カフェ「恐竜樂樂(らくらく)舎」で開かれている。25日まで。

 岡崎さんは2014年、南極を100キロ走る「アイスマラソン」に出場。今年4月には北極、5月にはエベレストマラソンに挑戦し見事完走した。

 会場には世界各地を駆ける岡崎さんの写真約30点が並ぶ。南極で風速30メートル、氷点下27度で視界がゼロになった経験や、エベレストの標高4600メートル以上では砂漠化していることなど自身の体験談も記されている。

 知人を通じて岡崎さんと知り合い、今回の写真展を企画した同カフェの店主太田誠さん(65)は「北極やエベレストなど普段行くことのできない世界を写真から感じてほしい」と話している。

 午前9時~午後5時。水、木曜は休み。同カフェTEL0795・76・1535

(尾藤央一)

最終更新:9月20日(火)11時19分

神戸新聞NEXT