ここから本文です

ウィル・フェレルが撮影開始直前に主演作を降板

ぴあ映画生活 9月20日(火)12時2分配信

ウィル・フェレルが、撮影開始直前になって、映画『Captain Dad』を降板した。降板の理由はわかっていない。カリブ海に旅行に出かけた家族を描くインディーズのコメディ映画で、ほかにキャサリン・キーナー、マイケル・セラが出演する。

その他の情報

監督と脚本は、セバスチャン・シルヴァ。撮影は26日にコロンビアでスタートの予定だったが、主演俳優を失ってしまったことで、どうなるのか不明だ。

フェレルは昨年末北米公開されたコメディ『Daddy’s Home』でも父を演じ、大ヒットさせている。共演はマーク・ウォールバーグで、続編の企画も動き出している。次回作『The House』での役柄も、父親。こちらの共演は、エイミー・ポーラーで、北米公開は来年7月。

文:猿渡由紀

最終更新:9月20日(火)12時2分

ぴあ映画生活